探検投資家

旅、ファッション、投資、パーソナルファイナンス

中間所得層が増加すると需要が増えるもの

株式投資を始めるにあたって会社四季報の業界地図を読み始めています。

投資で成功するコツは:社会の構造的に需要があり、事業の構造的に持続的な競争力があるところ に投資することだと思います。
まず、その商品なりサービスに需要があり、それが一時的なものではなく今後ずっと需要があり増え続けることが前提。
市場が拡大しないとまず企業の売り上げは増えないので株価も上がりません。

そのうえで、何らかの理由で参入障壁があり競争力が続くこと。

成長が続くマーケットに対して、高い競争力がある企業がいればその会社の売り上げはずっと伸び、利益も確保できるはず だから。

面白い指摘があったのが、中間層が増加するとドライヤー等小物の白物家電の需要も増えるということ。
ドライヤー使っていなかった家庭が、所得が増加するとドライヤーを使って髪をセットするようになる。

海外、特にアジア、中南米、アフリカにおける小型白物家電のシェアを調べたうえで、投資していくといいかもしれない。

小型白物家電の分野は意外とまだ中国勢が強くない分野のように感じる。