探検投資家

旅、ファッション、投資、パーソナルファイナンス

伊勢丹メンズ館でJプレスのパターンオーダースーツを受け取る

伊勢丹メンズ館のJプレスで3月に注文していた人生初のパターンオーダースーツを受け取ってきました。

一度目に受け取りに行ったときはパンツの丈の長さが少し合わなかったのでもう一度調整してもらいました。松屋で買ったスラックス持って行って説明したのですが、松屋のスラックスは裾が少しひらひらしている点を指摘されました。もう1cm裾幅が狭ければ気にならないそうです。

なるほど、こうやってだんだん自分にぴったりのスーツなりスラックスを自分で理解していってだんだん良くなってくるものなんですね。
とはいえ、松屋のスラックスは気に入っているので履き続けますけどね。

さすがにオーダーだけあってもうぴったりです。ジャケットはちょっと余裕をもって作ったのですが思った通り。

パンツもジャケットもスーツカンパニーのものとは全然違いますねえ。生地がまるで違うし、縫製も違いました。

鈴木晴生さんの本で、スーツは最低定価で7-8万円のものをと書いていましたが、実際の買ってみて納得です。

2パンツで頼んだので、このスーツは週二日(ジャケット2回、スラックス1回づつ)使えます。
もう一つのスーツ(スーツカンパニー)、松屋のジャケット、パンツ、スーツカンパニーのジャケット、パンツを使えば一応一週間回すことはできるようになりました。

あとは、このJプレスのスーツを着てみて良い点悪い点を理解しつつ、もう一着スーツを作ろうと思います。