探検投資家

旅、ファッション、投資、パーソナルファイナンス

ファッション投資の鳥瞰図

ビジネスファッション投資のポートフォリオリストです。

この前は以下のように書きました。

まずはメンテナンス用品に投資。せっかく高い服を買っても長く使えなければ意味がないので、パンツハンガー、木製ハンガー、木製シューキーパーなど買っておく。30,000円。
シャツ 鎌倉シャツのパターンオーダー等で1枚13000円x5枚=65,000円
グレーのウールパンツ 1毎2万円x2本=40,000円
ネイビーのジャケット 1着 4万円
濃紺の革のブリーフケース 6万円
ニットタイ 2万円

メンテナンス用品としては、プラスチックのハンガーをジャケット用、スラックス用それぞれに購入しました。
ジャケットを着用した当日夜にかける用として木製ハンガーは必要なのですが、順番として後でもよいだろうと判断。プラスチックハンガーでも型崩れは避けられるでしょう。
木製シューキーパーは3個買いました。買うまでは高いなあと思っていたのですが、いざ毎日シューキーパーを使って革靴を手入れすると革靴の形がきちんとして見栄えが良いです。木製シューキーパーは投資対効果の高い買い物でした。

上記には書いていないネイビーのスーツ14万円を買ったのは、いままで着ていたネイビーのスーツがくたびれてしまい交換する必要があったため。

現状を踏まえ投資すべきものは以下になります。

スーツ:
ネイビーのストライプスーツ -> 伊勢丹メンズ館でJ Pressのパターンオーダー済み。
ミディアムグレーのスーツ -> スーツカンパニーでセットアップで調達済み。ただ、これは当座を凌ぐためなので、中長期的には一着新調する必要はある。スラックスのほうはジャケパンにも活用予定。スラックスはそこまで値段差が見えないと想定。
チャコールグレーのスーツ -> 一応あり。
ネイビーの無地 -> 新規調達の必要あり。

ジャケット:
ネイビー無地のジャケット。高級感が出るもの。

スラックス:
ミディアムグレーのウールパンツ->スーツカンパニーで買ったものを使いまわし。
チャコールグレーのウールパンツ->一本新規調達の必要あり。松屋銀座オリジナル等を買ってみて値段との差を見てみましょう。

白シャツ:ジャケットを脱いだ時に見せるものなので、良い白シャツに投資すべし。
松屋銀座オリジナルのフェアファックスの白シャツ(このブログによると非常に破格のコスパらしい)
鎌倉シャツの白シャツ
麻布ザ・カスタムシャツ
阪急メンズで人吉シャツ
を買っていって、気に入ったものを買いますことにします。

最初は
セミワイド 2着
ボタンダウンシャツ 1着
長袖ドレスポロ 1着

上半身も筋トレしていって体型が多少変わるリスクがあるので、胸回りなど若干ゆったり目を買うつもりです。
胸ポケットは無しにしましょう。

カーディガン:
ユニクロでVネックカーディガンをグレー、ネイビー調達済み。これで回せばよい。

革のブリーフケース:
濃い茶か黒の見栄えのするシンプルなブリーフケースが必要ですね。

革のトートバッグ:
見栄えをよくするためにジャケットのポケットにいろいろなものを入れない想定です。このため革のトートバッグが必要になります。

ポケットチーフ:
ポケットチーフを2-3毎

ニットタイ:
ニットタイを3本

ネクタイ:
ネイビー x 小紋のネクタイをバリエーションで3-4本

ベルト:
革のベルト:黒、濃い茶 見栄えがするもの
メッシュベルト:黒、濃い茶

靴:
黒のストレートチップ x 2足 あり
ダークブラウンのセミブローグ x 1足 ラバーソール あり
ダークブラウンのモンクストラップ x 1足 新規調達の必要があり。結局モンクストラップが一番オン、オフ両方で使いやすい気がします。利用頻度が高いと思われます。リーガルでいいでしょう。

財布:
どや顔するための長財布を一個買いましょう。
普段は私はアブラサスの薄いマネークリップと小銭入れで全く機能的には満足はしているのですが、どや顔をする必要があるときもあるでしょう。

革のクラッチバッグ
濃い茶の革のクラッチバッグがあると尚可です。